体を上手に使ってスイングを上達

ゴルフは手だけではなく体全体を上手に使うことで更に上達します。
力任せにただクラブを振るうだけではなく、体全体を上手に使うことでスマートなゴルフを行うことができます。
逆に、手だけでスイングをするとボールは飛距離が出ません。腕力に少々自信がある人ほど腕の力で飛ばそうとしてしまうのですが、その結果、変にショットするクセがついてしまうことも少なくありません。もっとも、腕力が強い人はその分、体全体の筋力も強いことが多いわけで、そのために少々変なスイングでもボールは飛距離がでます。ただし、その癖のせいで「伸び悩み」に当たることが多いのです。

ここでは体を上手に使ったスイングを説明したいと思います。

スイングする際にはフォームやグリップに気を付けていると思われますが、その際、利き腕の方向に意識を向けて体重移動をしましょう。
体重移動にもタイミングが重要となってきますが、力のベクトルとインパクトががっちりかみ合うと恐ろしい爆発力を生み出します。
また敢えて逆にタイミングをずらすことで球の飛ぶ距離を調整でき、体重移動は使いこなすことでゴルフにおいて大きな武器となります。

ただし体重移動を使いこなすのは難しく、プロとアマを隔てる最も大きな壁と言われています。
実際、プロとアマでは体重移動で足にかかっている力を計測すると2倍近くの差があります。
コツを掴むまでは何度も練習する必要があるため気になる方はゴルフの番組などを参考に練習してみるといいでしょう。