スイングは体の回転で打つ

プロのゴルファーはスイングを体の回転で打つと言われています。

初心者にありがちなのが、腕だけでクラブを振り回してしまうこと。腕力だけでボールを飛ばそうと思ってもそうそう飛ぶものではありません。むしろ変なところに力が入りすぎて、普段よりもボールが飛ばないということすらあります。

プロのスイングをみているとわかると思いますが、体回転でスイングをしているのです。体の回転の強弱を調整することでボールの飛距離を調整することができ、思った場所にボールを届けることができます。

ここではスイングの際の体の回転の仕方について説明したいと思います。

ゴルフでは余計な方向に力が分散しないために最小限の無駄のない動きでスイングをするのが理想と言われています。
特に腕を振り回すだけのスイングは力が分散しやすいためスイングの際には腕は動かさずに軸のブレを最小限にすることが求められています。
具体的には筒の中に入って体を回転させるイメージが近いと言われており、両腕は常に体の正面にあるようにします。

また体を回転させる際に体重移動を合わせて行う事で相乗的に効果を高め、ボールの飛距離を飛躍的に伸ばすことができます。
これらを身に着けるのはある程度のコツが必要ですが、上手い人の足運びや体の回転を参考に繰り返し練習するといいでしょう。
特にオススメなのは自分と体格の近いプロの試合風景などを参考にすると上達具合が違ってくるため参考にしてみるといいでしょう。