ゴルフのドライバーショットについて

ドライバーはゴルフクラブの中で最もシャフトが長いクラブで、ロフトの角度が少ないクラブです。

それは飛距離を出すための要素ではあるのですが、そのためにドライバーショットというのは難しいものとなっています。特に初心者にとっては、ドライバーショットというのは難儀なものとしてとらえている人は多いのではないでしょうか。

他のゴルフクラブに比べドライバーによるショットは振り遅れが出やすく、角度が少ないためフェースに乗せるようなショットもできません。
そのためアイアンショットでゴルフ慣れした方の中にはドライバーショットに中々慣れない人もいるようです。

アイアンショットではうまく打てるのにドライバーになるとうまく打てない。。。そしてそれが苦手意識となり心理的に「ドライバーは苦手」という意識がしみついてしまう場合も少なくありません。

また飛距離を稼ぐのに適したドライバーショットですが使うクラブによってはボールの初速が落ちてしまい、飛距離が落ちてしまうことがあります。
一般に長尺ドライバーの方が飛距離を稼げると言われていますが、クラブの重さやプレイヤーの力も大きく関わってくるため最適なドライバーを探すところから始めましょう。
実際に人によっては短尺ドライバーの方が軽くて使いやすい場合もあるため普段使っているドライバーを変えてみるのも新しい発見があるかもしれません。

最新のドライバーの中には可変式モデルなどクラブも様々な種類があるため自分に合わせたクラブ選びを一度じっくりしてみては如何でしょう?